gf1940303134l

太陽光発電システムは日々進化を続けており、ソーラーパネルに使用している素材を変更したりパワーコンディショナーの変換効率をより向上させるなどの技術もどんどん向上しているそうですが、それ以外にもソーラーパネルの形状にまつわる技術も大きく変化したといいます。

その代表ともいえるのが屋根材一体型のソーラーパネルで、今まで取り付け台などを取り付けなければならなかった太陽光発電システムを屋根に一切加工することなく取り付ける事が出来るようになったことで、非常に見た目が良くなったと高い評価を得ているそうです。

屋根一体型のソーラーパネルは各メーカーによって様々な種類を販売しています。切妻屋根や半切妻屋根といったポピュラーな屋根ならほぼ全面をソーラーパネルにする事が出来るくらい多くの種類の屋根材一体型のソーラーパネルがあるそうなので、今まで以上に多くの発電量を確保する事が出来そうです。

ただし屋根材一体型の太陽光発電システムは新築を立てるときやリフォームの時などにしか使用する事が出来なかったり、屋根材と一体化しているため余計に税金を支払わなければならないといった欠点もあるので、導入の際は後付け型と屋根材一体化のどちらが良いかよく考えてから導入するようにしてください。