屋根の角度と発電効率

| 未分類 |

gf1940303134l

太陽光発電システムは再生可能エネルギーを使用する発電方法の中でも比較的容易に導入する事が出来ることから現在多くの方が利用しており、ここ数年の補助金制度の導入や売電価格の変更によって更に多くの方が導入を検討するようになったそうです。

そんな太陽光発電の発電量は発電システムの性能だけでなく発電システムの取り付け位置も大きく影響してくるそうです。そのため屋根の形状は太陽光発電に大きく影響するポイントとなるので、太陽光発電を導入する際は屋根にも注目してみてください。

太陽光発電システムはソーラーパネルに太陽光を当てないことには始まりません。

太陽光をより当てるためにはソーラーパネルを取り付ける角度にも気を使う必要があり、およそ30度の傾斜角をつけることで太陽光をより当てる事が出来るそうなのですが、日本の家屋に使用されている屋根の多くは初めから傾斜がついているものが多く、日本で多く使われている切妻屋根や半切妻屋根といった屋根の場合はわざわざ角度を調整しなくても多くの太陽光を当てる事が出来る環境が整っているのだそうです。

もしそうでなかったとしても取り付け台の設定一つで角度は調節する事が出来るので詳しくは見積もりを行ってみてください。