gf1940303134l
太陽光発電システムは現在多くの団体や個人が利用していますが、一般家庭向けの太陽光発電システムを導入しようと考えている方の多くは自分の今の住まいの屋根に取り付ける予定なのではないでしょうか。

住居の屋根はソーラーパネルに影を落とす可能性を減らし、より多くの発電量を確保するのに非常に役立ってくれますが、ソーラーパネルを取り付ける屋根の形状によっては発電量が大きく変わるといわれています。

もしこれから太陽光発電システムを導入するという方は自宅の屋根の形状について考えてみましょう。

太陽光発電システムに用いられているソーラーパネルは太陽光を多く吸収しないことには発電量を確保する事が出来ません。

太陽光をただ当てるだけならどこにソーラーパネルを置いても良いのですが、これより多くの発電量を確保したいのであればソーラーパネルを取り付ける方角や角度などをしっかり考えた上でより多くの発電量を確保する事が出来るように勤めなければなりません。

例えば半切妻屋根の場合だと比較的広い屋根のスペースを確保するが出来るのそれほど苦労することなく多くの発電量を確保する事が出来るはずなので、そういった屋根の形状をしているかどうか試しにチェックしてみてはいかがでしょうか。