gf1940303134l

太陽光発電システムはその名の通り太陽光を利用して発電するシステムですが、その技術は年々向上し続けています。

そのため現在販売されている太陽光発電システムは以前のものと比べてより多くの発電量を確保する事が出来るようになっているそうです。

しかしどんなに技術が発達しても多くの太陽光を浴びる事が出来なければ太陽光発電システムは高い能力を発揮する事が出来ないので、太陽光発電を導入する際は発電システムそのものの性能だけで無く、発電システムを取り付ける場所に一番気を使わなければなりません。

太陽光発電システムを取り付ける場所としてほとんどの方が選択するのは屋根の上ですが、屋根に形状には色々な種類があり、それぞれ太陽光発電にむき不向きがあります。

太陽光発電に向いている屋根の形状といわれているのが切妻屋根や半切妻屋根といった広い面積を持った面で構成されている屋根で屋根一面に多くのソーラーパネルを取り付ける事が出来ることから屋根の向いている方角にも左右されはするものの他の屋根よりも多くの発電量を確実に確保する事が出来るといいます。

更に取り付け台の角度を変更するなどして更に発電量をアップさせることも出来るので、これから太陽光発電システムを導入するという方は取り付け方にも注目してみてください。