gf1940303134l

太陽光発電システムを導入する方はここ数年の間で非常に増加したといいますが、太陽光発電を導入した方の多くは既に建っている住居の屋根にソーラーパネルを取り付けたといいます。

太陽光発電システムを現在住んでいる住居に取り付ける場合既にある屋根の形状に合わせた調整を行わなければならないので、場合によっては屋根の形状が太陽光発電に向かない場合もあるそうですが、半切妻屋根と呼ばれる形状の屋根は数ある屋根の形状の中でも太陽光発電に向いている屋根の形状をしているそうです。

半切妻屋根は日本の代表的な屋根の形と呼ばれている切妻屋根と形状が非常によく似ており、切妻屋根の先端を少し削ったような形状をしているそうです。

どうして半切妻屋根が太陽光発電に向いているかというと、切妻屋根は太陽光発電システムのソーラーパネルを大量に取り付ける事が出来るような広い面で構成されている上太陽光を寄り多く当てる事が出来るような角度になっている事が多いためより多くの太陽光を受ける事が出来るのだそうです。

もちろん方角の関係や屋根の角度の強さなどによって太陽光の受け方は変わりますが、半切妻屋根が良い形状であることには変わらないので、半切妻屋根の住居を所有している人は太陽光発電の導入を検討してみてください。