太陽光発電と屋根

| 未分類 |

gf1940303134l

太陽光発電システムは再生可能エネルギーを利用した発電システムの仲でも特に導入しやすいことで知られており、一般家庭用の発電システムは非常に多く売れているといわれています。

そんな家庭向け太陽光発電システムを導入する場合、取り付ける屋根の形状には注意を配る必要があるそうです。

というのも屋根の面積が狭いとその分ソーラーパネルの取り付け量が大きく変わり、最悪の場合十分な利益を生む事が出来ないこともあるので太陽光発電を導入する際は予め取り付ける屋根の形状を改めて確認しておきましょう。

現在の日本家屋に用いられている屋根の形状には色々な種類がありますが、切妻屋根や半切妻屋根は特に太陽光発電システムに向いている屋根といわれています。というのも切妻屋根や半切妻屋根は屋根を構成している面の一つ一つが広いため、大量のソーラーパネルを取り付ける事が出来、方角さえ良ければ非常に多くの太陽光を当てる事が出来るため非常に多くの発電量を確保する事が出来るそうです。もちろんそれ以外の屋根で太陽光発電が全くできないというわけではないので、太陽光発電システムを導入したいという方は必ず販売業者と話をしてみてどの程度の発電量を確保する事が出来るか見積もりしてもらいましょう。