gf1940303134l

太陽光発電システムは広大な敷地を利用するメガソーラーから一般家庭向けの小規模な発電システムまで実に様々な種類がありますが、一般家庭向けの太陽光発電システムを導入する際はソーラーパネルの取り付け位置が非常に重要になってきます。

ソーラーパネルの取り付け法の違いで取り付けることの出来るパネルの枚数やパネルの角度など様々な変化が表れて発電量も大きく変化するので、ソーラーパネルの取り付けがどのように行われるのか見積もりの際などによく確認しておきましょう。

ソーラーパネルには屋根材と一体化しているタイプや屋根の上に取り付け台をセットするタイプがありますが、既にある住居に太陽光発電システムを導入する場合は取り付け台をセットするタイプを用いる事が多いそうです。

取り付け台は屋根の形状に合わせて様々なタイプが用いられ、半切妻屋根の場合は広い面積を確保する事が出来るので特殊な取り付け台を用いることはほとんどありませんが、屋根の角度によっては多少角度のついた台座を用いてより多くの太陽光を当てる事が出来るようにするなどちょっとした工夫をする事が多いようです。

そのほか屋根の形状に合わせた様々な取り付け法があるそうなので、興味がある方は是非各メーカーの公式サイトをチェックしてみてください。